関西援交獄中手記(第7回)

スポンサーリンク
dgpot

2007年9月号掲載

第7回遊佐手記 要点まとめ
No.20りこ&まみの写真を掲載したBUBUKAを偶然父親が本屋で見つけ、姉妹の出演が発覚。
最終的には離婚。父親とまみ(妹)、母親とりこ(姉)となる。

No.43,44りみ&ゆき。手記にも「R&Y」と表記されているが、ビデオの自己紹介では「えり、ゆき」と言っている。
(※おそらく「えり」が本名、「りみ」がハンドルネームと思われる)
リミという中学生(自称処女。実際は経験あり)からメールが来た。ギャラは10万。
友だちも一緒に撮影して欲しいといわれ、ギャラ的に無理と言ったが(2人で)10万でかまわないということでOK
男優はシミ爺と毛深男
5人が利用可能なビジネスホテルのショートステイプラン。
ユキは付き添いだけのつもりだったがリミにいわれて一緒に撮影することになった。
毛深男がリミを気に入り離さなかった。おかげで(乱交シーンの無い)動きの悪い作品になった。
1週間後にもう一度撮影を申し込んだところOK
なおこの時リミは家出中で友人宅に泊まっていたらしい。
その日はユキが生理中でさらにリミまで生理が来て、撮影は中止。
一旦解散したが、ユキが「私がやります」と言ってきたのでユキ単独(47)で撮影再開。
この時リミには5,000円渡して駅近辺で待たせる。
撮影後、リミは大変不機嫌でユキが慰めていた。
仲良しと思っていたが、どちらかというと主従関係(ユキがご機嫌取り)のようなだった。

「ランドセルモデルは 千春(45)まみ(20)良子(87)の3人」と明言。
「ポチャの館」という掲示版を見て応募してきた。
本当はJKでなくてもロリ系のポチャならモデルをさせても良いと思っていた。
応募してきたのは40才ぐらいの女性。
写メを見てとても無理なので断ったが「どうしてもお金がいるから」「本当に困っているので助けてください」 と小学5年生の娘を出させると言ってきた。
娘には「性の勉強で誰でもすることだから」といって説得。
経験が無いみたいで、正直辛い撮影だった。
撮影後、ロビーで待っていた母親にギャラを渡した。
後で母親からお礼のメールが来たが寂しくなり返事はしなかった。

350250_01
スポンサーリンク
TOP_PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
TOP_PR

コメント

  1. 盆暗3代目 より:

    関西援交、上玉援交には度肝をぬかれましたよ。可愛い炉利に鬼畜の扱い方をしても女の子はみんな最後は笑っている。かなり無茶なことをされているのに笑顔で答えるいたいけな女の子に萌え〜!

    全部見たわけではないですが、好みの作品はりかちゃん、みさきちゃん、あゃちゃん、ちはるちゃんは良いのです。 女の子の顔、スタイル、鬼畜な性交方法が満足出来る内容であります。

    他の援交シリーズにもいい作品がありますが関西援交、上玉援交シリーズは画像が綺麗ですし、ハードなプレイスタイルは他にはないですよ。

    他の援交シリーズでオススメするのは北海道援交かすみちゃん、ヤフオクで買った中学生、あぶないおじさんシリーズ、京都援交田中麗奈似、などなどありますよ。

    今はなかなか手に入れにくいですが頑張って集めましょうね。