関西援交獄中手記(第2回)

dgpot
AD

2007年4月号掲載

第2回遊佐手記 要点まとめ
最初は他人が作った裏ビデオをダビングして販売していた。
オリジナル制作は客からの要望。
オリジナル最初の作品のタイトルは「早苗●5才」。大阪の子で年齢もそのまま。ギャラは3万円。
カメラはSONYのハンディカムをダスキンからレンタルした。
ビデオは1本5000円で売れた。しかもまとめ買いの割引無し!
モデルの年齢はこだわり無く中学生から52才まで66本撮った。
ホテルだったり相手の家だったりすることもあった。
こうした撮影が2003年(平成15年)5月まで続いたが、そこで妻に発覚。制作をやめると約束。
これが後の関西援交では男優を使うことになる。

初期制作の66本のうち未成年(1本例外あり)の14作が関西援交シリーズになる。
他の10本(「中学教師直子23才」など)をなにわ書店に230万円で売却。
関西援交シリーズに高2で出演している少女のがいるが本当は20才。
撮影にはマイルーラを使うことを事前に説明していたためトラブルは無かった。

DMM_comic
スポンサーリンク
PR
アイドル系動画配信サイト「いちごだいふく」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
PR
アイドル系動画配信サイト「いちごだいふく」