斡旋女

スポンサーリンク
dgpot

遊佐手記5でその存在が明らかになった女子高生。

もともとモデル募集で申し込んできたが自分では出演せず、友だちを紹介するからということで遊佐から紹介料を受け取っていたことから、ネットでは斡旋女と呼ばれている。

一時その少女が菜々(31,32,33,35)という噂もあったが、ビデオには出演していない少女であることが遊佐の手記に明記されている。

紹介となっているが実際は少女たちの親分格で、同級生や後輩を半ば強制的に出演させており、拒むと「バックにヤクザがいる」と脅して出演を取り付けていた。

さらに撮影当日は、少女たちが逃げられないように必ず付き添って一緒にやって来た。

紹介された人数は遊佐の手記(遊佐手記5)では11人、新聞記事では7人(同級生5人、下級生2人)、全員本物のJCとなってなる。

70番台から90番台にかけて、あまり援交慣れしてなさそうなJCたちが多数登場するが、彼女たちがその斡旋組と言われている。

時期的に2004年8月から9月で、78,79理沙、81幸恵82亜弥香、83,84美沙、85,86美咲、88,89,90菜穂、91,92春奈、93結花、94さおり(さゆり?)など。

なお遊佐手記によると紹介された最後のモデルのイニシャルは”S”らしく、94さおり、未流出100沙織、103,104汐里(しおり)などが考えられる。

ビデオに音声

作品中、指示を出している彼女の声が入っているものもあり、撮影現場にまで立ち会っていたと思われる。

91春菜の4分22秒あたり、口枷を噛ませるところで「手は閉じて」と指示を出す声が聞こえる。

94さゆりの射精後の52分台、ほとんどシーツが擦れる音にしか聞こえないが、たしかに何やら会話らしき声がする。斡旋女が指示を出しているのか、遊佐と会話してるのか不明。

紹介料は1人につき8万円。

出演少女と折半すると言ってたが、実際はそのほとんどをピンハネして1万から1万5千円程度しか渡していなかった。

未成年だが職業安定法違反で逮捕されている。

当時の記事(■☆ 関西・宇都宮・上玉など素人物を語ろう 3 ☆■より)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20050515-00000304-yom-soci
女子高生らを撮影したポルノビデオの制作、販売事件を調べている奈良、大阪、神奈川など6府県警の合同捜査本部は15日、ポルノを制作していた男に友人の 女子中学生を紹介したとして、大阪府内の高等専修学校1年の少女(15)を職業安定法違反(有害業務の紹介)などの疑いで逮捕した。当時通っていた中学の 同級生と下級生計2人をポルノに出演させる。

350250_01
スポンサーリンク
TOP_PR
売り手_Aladdin2

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
TOP_PR