シミ爺(シミG)

スポンサーリンク
dgpot

関西援交シリーズに出演する男優の通称。
本名、豊島衛。(逮捕当時の年齢53歳)
職業、元某大手企業の総務課長。
ネットでの男優募集により応募してきた。
遊佐からは「熟年さん」の愛称で呼ばれている。

エピソード

背中の肌がシミだらけなことから、シミ爺(シミG)と呼ばれている。
それ以外にも勤めていた会社名から「チョーヤ」と呼ばれることもある。

プレイ内容はノーマルで性器も短小なことから、ネットでは男優としての評価は低い。
しかしロボの食べ物を使ったプレイを嫌がる客も多く、むしろ普通の客には熟年らしいねちっこいプレイが受け入れられていたことから遊佐の評価は意外と高い。
また少女の送り迎えなどにも積極的に協力。
遊佐にとっては良いスタッフの1人だった。

ロボが生タマゴ等を使ったプレイを好んだのに対し「食べ物を使うプレイをするぐらいなら辞めさせてもらう」と言ったことがある。(遊佐手記3より)
撮影後に少女たちをカメラで撮影し「老後の楽しみにする」と語っていた。(遊佐手記より)
撮影で気に入った子と、現場以外で個人的に会っていた(援助していた)。(遊佐手記より)

出演作品

作品ナンバー35,37〜39,42〜45,48,49,52,53,55〜58,60〜64,66〜70,72,73,77〜79,81,84,86,87,93に出演。
作品ナンバー37,53,66,でもう1人の準主犯男優、ロボと競演。

逮捕・裁判

2005年3月8日逮捕。
強姦罪3年+児童福祉法違反罪4年。
ロボより懲役が1年長いのは13歳未満(良子9才千春11才)との行為に強姦罪が適用されたため。

350250_01
スポンサーリンク
TOP_PR

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
TOP_PR